Artiza Packet Capture Product

On 10GbE Full-Duplex, No Packet Loss Guaranteed!!

近年、スマートフォンやタブレットPCなど、リッチコンテンツを扱うモバイル端末の増加によりデータトラフィックが急増しています。これに対応するためデータセンターの現場では、サーバ設備に加えて基幹ネットワークの強化も重要な課題となっています。ポートあたり単価でリーズナブルとなったギガビットイーサネット(GbE)に加えて、10GbEの基幹ネットワークへの導入も本格的に進みつつあります。また、データセンターではその本来の使命であるアプリケーション処理とデータの保存だけでなく、セキュリティの観点から、回線を流れるデータの監視が重要なテーマとなってきています。アルチザはこれらの要求に答えるため、データセンターの基幹回線を取りこぼしなく大容量キャプチャするetherExtractorを開発しました。10GbE/1GbE Full-Duplex(双方向)上で転送されるワイヤーレートの最短パケット(64バイト)の連続キャプチャを保証。
製品コンセプトを「全てのパケットをキャプチャする」「目的のパケットを簡単に取り出せる」にフォーカスし、必要な機能を見直すことで、導入コスト面、使い勝手の課題を解決しました。基本機能を搭載した標準的モデルのBasic と高機能モデルのPro および持ち運びが可能なPortableを用意し、データセンターの幅広いニーズにお応えします。

ネットワークの品質と安全性を確保し続けるため、通信事業者、データ・センター
事業者は以下の課題に取り組み続けなければなりません
  • 加入者に約束した帯域を確保するために、ネットワーク品質を監視する必要がある。
  • 利用状況をリアルタイムで正確に把握し、トラブルを事前に防ぐ監視システムの構築。
  • トラブルが発生した場合、正確な原因の把握から対応策検討までの時間を最短にする。
  • 効率的かつ効果的にサービス管理を行う。
これらの課題に対応するため、パケットキャプチャ装置は以下のようにあるべきです
  • 増え続けるトラフィック(パケット)を完全にキャプチャし、取得データを活用できること。
  • 他の異常検知、監視システム等との連携が容易であり、シンプルで直ぐに使えること。
  • 優れたコストパフォーマンスを持ちながら、信頼性が高いこと。
  • ユースケースに合わせて、個々のカスタマイズにも柔軟に対応できること。
  • 導入後のサポートについて迅速な対応が行えること。
それぞれの"使い方”に合わせた機能・性能のモデルが選べます

Figure 2: EST Setup-Test Example

"導入しやすく、使いやすい”

誰にでも使いやすい直感的なGUIにより、スムーズなスタートアップを保証。
また、GUIによるオペレーションだけでなく、コントロール用Web API の提供により、遠隔制御を可能としました。例えば、他の監視システムからのログ出力と連携して制御するなど、柔軟な制御が可能です。

Figure 2: EST Setup-Test Example

"CAPEX/OPEX最小”

キャプチャレート比で抜群のコストパフォーマンスを実現。

  1. これまでの10GbE製品と比較して大幅なコストダウン。
  2. 1年間の製品保証・サポートが無償。
  3. ソフトウエア更新費用ナシ。
  4. リーズナブルなハードウエア保守プランを用意。