Company

Message from CEO
代表取締役 床次隆志
代表取締役 床次 隆志
1960年8月24日生まれ
兵庫県出身
東京理科大学理学部物理学科卒業
大手自動車部品メーカーでエンジニアとして勤務したのち、「これからは通信関連ビジネスの時代」と感じて、通信計測器メーカーに転職。1990年、自らのアイデアを形にするために、独立を決意。株式会社アルチザネットワークス(旧名エイブルコミュニケーション)を設立。
2015年12月末、アルチザネットワークスは25周年を迎えました。私たちは1990年、ディジタル通信の黎明期に創業し、四半世紀の長きに渡り、常に次世代通信インフラの開発に携わりながら時代の最先端技術に取り組み続けてきました。顧客から示された高い頂を怯むことなく垂直登攀する。アルチザの歴史はまさに新しい技術への挑戦の歴史といえます。ISDNやEthernetなどの有線WAN・LAN通信からスタートした私たちの技術は、その後、移動体通信のコアネットワーク、無線アクセスネットワークへと進化してゆきました。そして、2007年には無線インタフェース技術への挑戦を始め、創業20周年にあたる2010年にはLTE(Long Term Evolution)の無線インタフェース、コアネットワークインタフェースの両方を同一筐体に搭載したLTE Tester DuoSIMを発表。2013年にはさらにこれを進化させ、LTE-Advancedに対応したDuoSIM-Aをリリースし、世界有数のオペレータ、ベンダーがこれを採用するにいたっています。以下に当社の特長をご参照ください。
1. 世界最高レベルの技術力
アルチザは移動体通信における世界最高レベルの突出した無線通信テスト技術を有しています。アルチザのテスト機器は国内では移動体通信の最大手通信キャリア、通信機器メーカーが導入しているだけでなく、ワールドワイドのお客様が広く導入。製品の圧倒的な優位性だけでなく、日本人独特のきめの細かいサポートにより、顧客の確固たる信頼を確立。北米、中国、欧州にセールス・サポート拠点を設立し、アルチザの製品を使い続けるユーザー企業の顧客サイトでは、当社エンジニアが日夜活躍しています。アルチザは世界最高レベルの技術力とサポート力を東京から世界に発信し続けます。
2. 世界市場シェアNo.1
第4世代移動体通信技術であるLTEは今、LTE-Advancedへと進化し、さらに2017年からはLTE-Advanced Pro、そして2020年には5Gへ。その無線アクセスネットワーク(RAN: Radio Access Network)の中核にはC-RAN(Centralized/Cloud-RAN)と呼ばれる技術が採用されています。アルチザは世界最大のC-RAN基地局の限界性能を測定するテスターを世界の大手通信キャリアや大手ベンダーに提供。C-RANテスター市場でワールドワイドダントツNo.1のシェアを有しています。LTE-Advancedまでの全機能を既存製品(DuoSIM-A)で対応し、すでにLTE-Advanced Pro、5Gへの準備もスタートしています。またアルチザは、その名を世界の市場に知らしめるため、毎年スペイン・バルセロナで行われる世界最大の移動体通信関連の展示会MWC(Mobile World Congress)を始め、LTE-Summit、LTE-Asiaなどに出展。さらに2016年1月には、サンフランシスコで行われる無線アクセ スネットワーク業界のセミナーであるRAN USA 2016のプレミヤム・スポンサーとなっています。アルチザは日本・欧州・アジアに加えて、ついに北米での活動を開始しました。
3. 積極的な新規事業展開
アルチザは製品とサービスで優位性を確立した移動体通信のテスター分野だけに安住するつもりはありません。既存技術を応用した新規製品開発や新規事業開発による事業展開を加速しています。SDN(Software Defined Network)技術により、すべてのコアネットワークノードがソフトウェア化してゆく中、通信事業者の要求により生まれたNFV(Network Functions Virtualization)。通信業界では今、仮想化技術により大きな変化が訪れようとしています。アルチザはこれを大きなチャンスと捉え、業界初10GbE最短パケットでも取りこぼしのないパケットキャプチャーツール「etherExtractor」やNFVのデータプレーンを高速化する「PowerNFV」など、積極的な製品展開を始めています。技術による新製品開発だけでなく、新しい市場への展開も怠りません。来るべき東京オリンピックに向けて、IPネットワークによる4K/8K伝送を準備する放送業界や、5Gのアプリケーションとして注目を集めるIoT(Internet ofThings)を準備し始めたインダストリアル業界への参入も2015年に果たしています。アルチザはこの数年の新規事業展開で、将来大きく成長してゆくための大きな一歩を踏み出したと言えます。
製品企画力、製品開発力、顧客の信頼、企業オペレーションなど、四半世紀にわたる蓄積に加え、ここ数年の急成長によって、アルチザの全分野のアセット(資産)は今ここに盤石となりました。しかし、私たちはまったく満足していません。盤石となったアルチザの力をさらに大きく成長・発展させることに使いたいと思っています。アルチザは財務的に大変安定した企業であるといえますが、社内を貫くその旺盛な起業家精神は活発な新規製品や新規事業を生み出し続けています。また、既存事業である移動体通信テスター製品の世界展開も積極的に行っています。
2016年、アルチザは創業25周年を迎え、新たなステージに移りました。是非、私たちの新しい展開にご期待ください。