Artiza LTE eNB Test Solutions

Azimuth MIMO Channel Emulator

2G、3Gから4Gにいたる過程で最新技術として登場したUMTS、LTE、UMBやIEEE802.16mなどの通信技術にMIMOが導入されたことにより、その試験の複雑さは増す一方です。最新のチャネルエミュレータに対しては機器ベンダやオペレータといった事業者から、無線伝搬環境の再現手法を提供するだけでなく、ラボベースでの適切なテスト環境とコスト効率の実現が要求されています。AzimuthのACE-MXプラットフォームはブロードバンドワイヤレステストのチャネルエミュレータのリーダとなるべく、 MIMOやビームフォーミングを含む3Gや4Gのスマートアンテナ技術への対応を目的として設計開発されました。ACE-MXハードウェアは2x2から4x4の片方向および、双方向チャネルエミュレーションを実現し、また64QAMなど精緻な変調方式へ対応すべく業界最高峰のRF性能を有しています。

ACE-MXのアーキテクチャはLTEや4Gのテストに応えるべく以下の特長を持っています。
  • 4x4 MIMOに対応した疑似伝搬路を提供、主要な無線通信技術仕様すべてに対応
  • 400MHzから6GHzまでの無線帯域をサポート、代表的な移動体通信の周波数帯に対応
  • DL/ULで相互同期調整された伝搬チャネルを提供、TDDとFDDの双方向フェージングをフルサポート
  • 4Gまたは以降の技術仕様に対応するため、高速移動をサポートする最新のドップラー効果にも対応
  • 3GPPやITUにより定義されたチャネルモデルをサポート、ユーザによるチャネルモデル定義も可能
  • 業界最高峰のEVM値と低ノイズフロアにより、ブロードバンドワイヤレス通信に最適なRF精度を実現

AzimuthのACE-MXチャネルエミュレータはマルチパス環境で動作するデバイスのパフォーマンステストや認証テストをラボ内で効率的に実現します。