Artiza FPGA Solutions

最新・高密度FPGAの性能を最大限引き出す

アルチザは豊富な自社製品開発実績により、ユーザーからのあらゆる要求に対応します。 特に近年高速化するシリアルインタフェースをPHYレイヤまでIP化し、ワイヤースピードでの処理を確実にすることにより、 タイミングクリティカルなハイエンドのシステムにおいても、究極のパフォーマンスを引き出します。

また、FPGA単体処理だけでなく、高速シリアルインタフェースと接続したDSPなどとの連携処理や、 SoC化されたFPGAのハード処理とFPGA内にIP化されたプロセッサーとの連携など、幅広い開発経験があります。

ハードウェアプラットフォームは独自・汎用をを問わず対応可能。 汎用プラットフォームではIAサーバーのPCIeから大型のAdvancedTCAまで、多くの開発経験を有しています。

FPGA使用開発事例: LTE無線Baseband処理用ブレード

  • 大容量ハードウェア演算処理向け
  • 6個の演算用FPGA Stratix V
    • FPGA間接続: 低遅延パラレルバス、
      高速シリアル
    • FPGAの外部メモリにZBT-SRAM、RLDRAM、DDR3
  • 4個の演算用DSP TI C6678(子基板で搭載)
  • ボード制御用にFreescale社 P2020採用
  • Serial RapidIO Gen2対応
    • Module内およびBackplaneデータ転送
  • DSP Array Moduleと共通の機能
    • 入出力インタフェース用RTM
    • モジュールのカスケード接続用Update Channel
    • 時刻および周波数同期

自社製品での活用

自社製品の機能・性能・品質は国内外で高い評価を得ています。

最新LTE-A 基地局テスター DuoSIM-A  >>

•1セルあたり3,000台×48セル=144,000台のLTE-A端末を疑似して基地局をテスト •1msあたりに1,584,000(呼種)発生が可能 •システム(48セル)あたりDL:14.4Gbps、UL:2.4Gbpsのスループットを実現

duosim

イーサネットサービステスタ >>

広域イーサネットサービス、IPネットワークサービス企業向け開通試験機。10GbEフルレートまでの試験を小型・低価格を単一FPGAで実現しています。

etherExtractor

高密度FPGA使用実績

下記製品にアルチザネットワークスのFPGAが採用されています。

  • Altera StratixV(5SGSMD8)
  • Xilinx Virtex-5(XC5VLX330)/ Virtex-6(XC6VLX550T)/ Kintex-7(XC7K325T)